0120-944-779
メールでのお問い合わせ
オンラインショップ

アルガンオイル情報Navi
Arganoil navi

2017年05月08日

色素沈着はできる前に予防を!!


今回は色素沈着についてお話しします!

 

皮膚の色素沈着は「シミ」の仲間です

 

色素沈着はいくつかの原因から炎症が起こり、その炎症が治まった後に色素が残ってしまう状態です。

 

色素沈着には二種類あり、一過性のものと慢性のものがあります。

 

けがなどの傷や火傷が治った後に色素沈着する場合が一過性、

 

アトピー性やナイロン・タオル性など皮膚の炎症を繰り返すことで起こるのが慢性の色素沈着です。

 

慢性の色素沈着は、下着の締め付けや、肘やひざなどを思い浮かべてみるとわかりやすいかもしれません。

常に下着により締め付けられている部位は黒ずみやすかったり、

締め付けによる蒸れやかゆみにより「掻いて」しまい、炎症が起こりその後色素沈着になってしまうことがあります。

 

また、肘やひざは摩擦・刺激・圧力を常に感じています。

そこで皮膚を守ろうと、角質がだんだん厚くなってきます。

これが繰り返されることで角質は硬くなり、黒ずんだり、色素沈着につながってきます。

 

その他の原因として、妊娠中の女性はホルモンが変化します。

変化する過程でメラニン色素が刺激され増大され、黒ずみができやすくなります。

 

急激な強い日焼けや、お肌に合わない化粧品類を使い続けている場合も色素沈着を起しやすくなります。

 

色素沈着を起さないためには顔や皮膚を強く擦らないことが大切です。

毎日強く擦っていると本体の皮膚のバリア機能が壊されてしまい、色素沈着ができやすくなります。お肌に合わない化粧品類を使うことによってお肌が荒れてしまい

炎症を起こした結果、色素沈着になる場合があります(>_<)

 

 

色素沈着を治すには、何もしないで放っておくことです!

一過性の色素沈着の場合その程度や場所にもよりますが、

数カ月から1年位で色が薄くなっていき自然に消えてしまいます。

 

1408_getumatu

 

放っておくと言っても、ほんとに何もお手入れしないでいると後悔することに(+o+)

 

規則正しい生活とバランスの摂れた食事、基本的なケアは欠かせません(^.^)

 

重度の色素沈着の場合は完全に消えないこともありますが、3年から4年位で目立たなくなるようです。

 

一度できてしまった色素沈着をきれいにするにはかなりの時間が必要ですね(^_^;)

色素沈着ができないように普段の生活を気をつけましょう。

 

Contact